キャッシングする時の金利比較方法


キャッシングをする時、金利って気にしていますか?
金利とは、利息として支払う金額を決めているものなのでしっかり計算して自分がどれだけ今月返済する必要があるのか完済するまでにトータルでどれだけの金利を支払うことになるのか知っておく必要があります。
そこで、当サイトでは金利の計算方法と比較についてご説明します。

 

金利を比較する時のコツ

金利は○○%〜○○%という記載になっていると思います。
この金利を比較する時は、右端の大きい数字の方で比較するのが正しい比較方法です。
大きい数字の方を上限金利、左の小さい数字の方を下限金利といいますが、はじめてキャッシングをする人は殆どの場合が上限金利からスタートします。なので、金利を比較する時は上限金利で比較します。

 

利息の計算方法

金利はわかりましたが、の○○%では実際にいくら返済するのか、返済している金額のいくら分が金利なのかわかりませんよね。そこで、利息を出すための計算式がありますので、そちらを利用しましょう。

 

利息=借入額×金利×借入日数÷365

 

この計算式で、利息の金額がわかります。

 

例えば5万円借りて2週間で返すとしたら・・・

 

5万円×0.146×14÷365=280円

 

最終的に、20280円返済する必要がある、ということですね。

 

しかしながら、全部の会社の比較をする時にこんな風に計算するとものすごく時間がかかってしまいます。
そんな時は、公式サイトのシミュレーションを利用すれば簡単に返済すべき利息がわかると思います。
ほとんどの公式サイトに設置されているので、返済計画をたてる上でも十分に利用してもらって自分がいくら最終的に返済する必要があるかというのを確認してから借りるようにしましょう。